人気のANAカード特集


  • ANAカードはANAとの提携各社が発行するANAマイルを貯めるのにお得なカードです。特徴はやはりANAマイレージがガンガン溜まるという点です。 提携会社発行のクレジットカードを活用して、普段の買い物や公共料金の支払いで賢くマイルを貯めることはもはや常識。
    少しでも還元率変換レートの高いカードを選び、マイル生活を楽しみましょう!
    ここでは人気のANAカードについて紹介します。

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ

年会費
初年度無料
サービス付帯年会費は初年度より発生します。
ポイント還元率
1000円=1pt

当サイトだけの申込限定!

JCB一般カードにANAマイレージクラブ機能を追加した、ポイントもマイルもお得に貯まるカードです!
ショッピングや旅行もこれ一枚で安心! 新規ご入会とご利用条件クリアで今なら最大11,000円分の特典をプレゼント!

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブカードお申込み

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ポイント還元率1%でガンガンマイルが溜まる!
年会費
7,000円+税
ポイント還元率
1000円=10pt

当サイトだけの申込限定!

ANAカードだけでなく、アメックスカードの機能を持ったクレジットカード。貯めたポイントは無期限で好きな時にマイルへ移行できます。ANAマイラー必携のカードです。
ご入会とご利用で今なら最大30,000マイル相当高額マイルプレゼント!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードお申込み

ANA VISA Suicaカード

マイルも溜まる!SUICAも付いてる!今話題のANAカード
年会費
初年度無料
2年目以降2,000円(税別)
ポイント還元率
1000円=1pt

当サイトだけの申込限定!

1:新規入会で1,000マイル
2:家族カードキャンペーンにエントリーで最大10,000マイル
3:リボ払いご利用キャンペーンにエントリーで最大10,000マイル

ANA VISA Suicaカードお申込み

ライフスタイル別おすすめクレジットカード

ANAカードのメリット

クレジットカード利用1年間でたまるポイントだけで、ANAの特典航空券に交換できるだけのマイルを獲得することは簡単ではありません。 ところが、ありがたいことに、大半のクレジットカードはそのポイント有効期間を2年間に設定しています。 このページでは、ショッピング利用「1,000円につき10マイル」相当が貯まる代表的なクレジットカードを取り上げて、2年間のクレジットカード利用で貯まったポイントをANAマイレージクラブのマイル口座へ移した場合を想定した、ANAマイル獲得シミュレーションを行っています。

2012年3月現在ショッピング1,000円につき10マイルが貯まるクレジットカードは、ANAカードを除いては、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカード、漢方スタイルクラブカードしかありません。このうち、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの両ブランドはいずれもANAカードを発行しています。 ANAマイルを徹底的に貯めるのであれば、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブのプロパーカードよりも区間マイル+10~25%の「ご搭乗ごとボーナス」や家族間のマイル合算が出来る「ANAカードファミリーマイル」ボーナスがもらえる提携店舗が広がる「ANAカードプラス」などの、ANAマイラー向けのオリジナル特典がANA関連のオリジナル特典が多彩なANAカードの方が圧倒的に有利です。


ANA VISA Suicaカード

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレスカードは、セゾンカードとアメリカン・エキスプレスが発行しているワンランク上のゴールドカードで、年会費は通常10,000円かかりますが、現在キャンペーン中で、年会費が無料になるというサービスを行っています。

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレスカードは、国内やハワイの主要空港のラウンジが無料で利用できたり、(同伴者は有料)最高5,000万円の旅行傷害保険や永久不滅ポイント優遇など、ゴールド会員ならではサービスが受けられるというのが魅力です。
また旅行で国際線を利用した際には、スーツケースなどの手荷物配送を会員特典にて利用が可能です。具体的には復路の空港から自宅までの荷物が無料で運ばれるというサービスです。 さらに海外でのホテル宿泊なとでもこのカードは威力を発揮します。ゴールド会員なら世界最大のオンライン旅行サイト「エクスペディア」にてサイト掲載価格より8%前後の割引価格で利用が可能です。さらにエクスペディア利用分は、いつでもセゾンカードの永久不滅ポイントが2倍貯まります。

また、海外旅行で車が必要になったときでも、ゴールド会員ならではの特典があります。

世界150ヵ国、8,500以上の拠点を持つ世界規模のレンタカーショップ「ハーツレンタカー」を5〜20%OFFで利用できます。特に米国やカナダ国内でのハーツレンタカーでは、追加料金なしでワンランク上の車種にアップグレードすることもできます。
さらに「ワールドおみやげサービス」といって世界のおみやげをインターネットやカタログで選び、出発前の申し込みで、帰国後の希望日時に自宅へ届けるサービスもあります。
ゴールド会員なら全商品10%OFFでなおかつ永久不滅ポイントが4倍つきます。

その他にも全国37ヵ所に位置する国立・国定公園等の中のリゾートホテル「休暇村」の宿泊料金を、期間限定で優待されるなどゴールド会員ならではのサービスが満載です。 これらのサービスを利用したいのなら、是非ゴールド会員になる事も検討してみてください。

ポイント永久不滅!貯まり続けます!>>ANA VISA Suicaカードはこちら

電車、飛行機にもよく乗る、効率よくマイルを貯めたいなど、ANA VISA Suicaはあらゆる人のニーズのこたえてくれる一枚です。
ANA VISA Suicaカード ポイント1:空も陸もANA VISA Suicaカード1枚でOK!!
ポイント2:区間基本マイレージ+10%のフライトボーナスマイル!
ポイント3:海外・国内旅行傷害保険最大1000万円付帯!
スペック詳細を確認する

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカンエクスプレスカードの特徴は、ポイント移行コース(参加費は年あたり6,000円)にすると、ポイントが無期限に貯められるということ。このコースでは、ポイントをかならずマイレージに交換することになりますが、効率的にマイルをためて、特典航空券を受け取りたい! という目的がはっきりしている人には魅力的なカードですね。 カードの年会費は7000円(税別)。カードご利用金額100円で1ポイントがたまり、1,000ポイント単位で1,000マイルに交換できます。またカード利用を継続すると、1年毎にボーナスマイルが1,000マイルもらえます。

付帯保険、サービス、ブランド力など全てがハイクオリティなクレジットカードです。>>ANAアメリカン・エキスプレス・カードはこちら

ANAとAMEXが提携したANAマイラー必携のカード。ANAマイラーの方だけではなく、アメックスカードを持ってみたい方にもオススメです。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード ポイント1:最大30,000マイルプレゼント!
ポイント2:国内外の空港ラウンジが無料でご利用可能、充実の付帯サービス。
ポイント3:クールなカードフェイスとANAマイルを断然貯めやすいポイントプログラム。
スペック詳細を確認する

JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ

「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」というクレジットカードが6月15日から新規募集が開始されました。
このカードは、他のANAカードとどう違うのでしょうか、またどういう点がいいのでしょうか?
そこで、「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」を他のカードと、 ポイントからサービスという点で比較して、お得な面をご紹介します。

1.「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」とANAカードの違い
まず「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」はいわゆるANAカードではありません。 なぜなら、ANAカードの特典である、搭乗時10%マイルアップや、入会・継続マイルなどのサービスはないからです。 ただ、「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」はJCBの一般カードである「JCB ORIGINAL SERIES」の特典が利用できるという点では、 ANAカードよりは便利と言えるでしょう。

海外利用でいつでも2倍、OkiDokiランド提携店舗であるAmazonやセブンイレブン等で3倍貯まります。 スターバックスではなんと5倍も貯まります!
主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗
イトーヨーカドー【3倍】
セブンイレブン【3倍】
エッソ・モービル・ゼネラル【2倍】※登録&利用
昭和シェル石油【2倍】※登録&利用
HMV ONLINE【3倍】
Francfranc【5倍】
Amazon【3倍】など
また、海外で利用すると2倍ポイントがたまるという点もお得になっているカードです。 そして、ANAマイレージクラブ会員特典をうけることができます!

2.「ANA JCB一般カード」と「ソラチカカード」と比べるとメリットがあるのか
ANAマイルは1,000円につき3マイル(ANAマイルは付与率0.3%)ですので、
通常のANAマイルの(付与率1%)に比べると劣ってしまうという点があります。
つまり、「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ」で貯まる「Oki Dokiポイント」を「ANAマイル」と交換する際の交換レートは「1ポイント=3マイル」ですから、 ANAマイルと交換した場合の交換した場合の還元率は、年間利用額に対するボーナスポイントを考慮しても、 0.3%〜0.45%となります。これに対して、「ANA JCB 一般カード」や「ソラチカカード」の場合は、 「1ポイント=10マイル」と交換ができるので、マイルとの交換率は1.0〜1.06%にまで上がるのです。 また、サービス付帯年会費が年に300円必要だという点が注意したいところです。 この様に、ANA JCB一般カードやソラチカカードに比べると還元率では劣りますが、 「ANA JCB一般カード」と「ソラチカカード」に比べるとお得な点があります。

年に50万円以上使うと翌年度ボーナスポイントが20%、年に100万円以上使うと翌年度ボーナスポイントが50%もアップします。 年にたくさん使い、「Oki Dokiポイント」をお得に貯めるにはこのカードは大変お得といえるでしょう。 また、「ANA JCB一般カード」や「ソラチカカード」ではANA家族会員の年会費が1,000円かかりますが、 こちらのカードは年会費が400円ということで、大変お得となっています。 「ANA JCB一般カード」と「ソラチカカード」は2年目以降、年会費が2,000円ですが、 「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブカード」は年会費1,250円で、 サービス付帯年会費をいれても1,550円となるので年会費の点ではお得と言えるでしょう。 年に50万円以上使うことがあれば、年会費は無料になるので、たくさん使う方はこちらがいいでしょう。 また、旅行損害保険はANA JCB一般カードやソラチカカードと比較してみると、 「ANA JCB一般カード」や「ソラチカカード」は海外に最高1,000万円しかつきませんが 「JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブカード」は国内海外共に最高3,000万円もつけられます。

マイルとポイントがこれ一枚で貯まる!>>JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブはこちら

初年度年会費無料!旅も買い物もこれ一枚!
JCB 一般カード/プラス ANA マイレージクラブ ポイント1:マイルとポイントがこれ一枚で貯まる!
ポイント2:『Oki Dokiランド』『JCB ORIGINAL SERIESパートナー』の利用で高還元率のとってもお得なカード!!
ポイント3:入会ボーナス3,000マイル!
スペック詳細を確認する

ネットモールについて

2014年6月現在、ANAマイルが貯まる最強カードは、端的にいってANAダイナースクラブプレミアムカード(年会費155,000円+税)ならびにANA VISAプラチナプレミアムカード(年会費80,000円+税)です。前者はカード利用100円=1マイルが加算されるほか、年間カード利用額100万円ごとに10,000マイル相当ポイントがプレゼントされる為、最高で、100円=2マイルの獲得率となります。 後者はいつでもカード利用1,000円=15マイル相当ポイントがたまります。さらに「マイ・ペイすリボ」登録時にリボ払い請求がある月は、別途1,000円に月3マイル相当のボーナスポイントが貯まります。(カード利用1,000円につき18マイル)

漢方スタイルクラブカードは、一般店舗利用時にANAマイル加算率がANAカード以上である上、移行手数料も無料であることから、ANAマイラー向けのメインカードとして十分使えます。ただし、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして使う場合も、ANAマイラー向け特典が多彩なANAカードはサブカードとして所有しておくべきです。 (サブカードとしてANA VISA Suicaカードが一押しです。)

Extreme Card(エクストリームカード)は、利用金額の1.5%を獲得できるGポイントをメトロポイントに交換した後、ANA To CARD JCB(ソラチカカード)を所有している場合、優遇レートでメトロポイントをANAマイルに移行することが出来ます。具体的にはExtreme Card利用20万円ごとに2,700ANAマイルを獲得することが出来ます。

ANAカードは、いずれのカードブランドにおいても、カード利用に応じて、まず発行元のクレジットカードポイントが貯まり、それをANAマイレージクラブの会員口座にマイレージ移行するという手続きを取ります。クレジットカードポイントをANAマイレージに移行する際には、ANAワイドゴールドカード(アメリカン・エキスプレス、ダイナースを含む)及びANA学生カードを除き、年間以降手数料(税抜き)2,000円〜6,000円かかります。ただし、マイレージ意向をしなかった年度については、以降手数料はかかりません。 クレジットカードでANAマイルを効率よく獲得する為に、ANAマイレージ(ANAマイレージクラブ会員全てが利用対象)ならびにクレジットカード会社が運営する会員向けネットモールの内、どのモールを使えばANAマイルを使えばANAマイルが最も貯まるのか? はとても気になるところです。そこでまず、ANAマイレージモールならびに、主要なクレジットカード買い物向けネットモールについて調べてみました。

まず各ネットモールで獲得できるボーナスマイルは下記のようになります。 ANAマイレージモールはANAマイレージクラブ会員全てが利用対象で、272店舗あります。
加算ボーナスポイントも獲得ボーナス参るも100円=0.5〜3マイル(1,000円=平均12.67マイル)です。 Oki DokiランドはJCBカード(ANA・JCBカード含む)が利用対象で、418店舗あります。加算ボーナスポイントは1,000円=1~19倍(平均1.82倍)で、獲得ボーナスマイルは1,000円=3〜57マイル(平均5.46マイル)です。 ポイントUPモールは、三井住友カード会員(ANA・VISA/マスターカード含む)が利用対象で、店舗数は279店舗です。
加算ボーナスポイントは、1,000円=1〜19倍(平均2.84倍)です。獲得ボーナスマイルは1,000円3〜57マイル(平均8.52マイル)です。L-Mallはライフカード会員が利用対象で、326店舗あります。加算ボーナスポイントは1,000円=2〜24倍(平均6.15倍)です。獲得ボーナスマイルは1,000円=6〜72マイル(平均18.45マイル)です。
オリコモールはオリコカード会員が利用対象で、355店舗あります。1,000円1〜19倍(平均5.05倍)で、1,000円=3〜57マイル(平均15.15マイル)です。 ネットモール利用で獲得できるマイル総数は、クレジットカードの通常獲得ポイント分のマイル数(例えばANAカードであれば、1,000円=10マイル)に上記の「獲得ボーナスマイル」を加算されます。

上記からはライフカードのL-MallならびにANAマイレージモールが有利であることがわかります。従って、ネットショッピングでは全般的に、ライフカードを所有しているならば、L-Mallを、そうでなければ、ANAマイレージモールを利用するのが、ANAマイルを貯める賢い方法ということになります。 Oki DokiランドやポイントUPモールは、ANAマイラーにとってL-MallにもANAマイレージにも利用したいネットショップが参加していない時に限って利用する、予備的なモールととらえておきましょう。

なおポイントUPモールの参加のネットショップ数は、ANAマイレージモールとほぼ同数であることから、予備的なモールとしての役割も果たすことはほとんどないと思われます。ただし、ボーナスポイント加算率ではOki Dokiランドに勝っていますので、今後の提携店舗数の拡大に期待したいところです。

メトロポイントモールとは?

NTTコムオンラインと東京地下鉄メトロが、東京メトロクレジットカード(To Me CARD)会員専用のインターネットポイントモール「メトロポイントモール」を開設しました。
同モールを経由して、通販サイトで商品を購入したり、各種サービスを申し込んだりすると、メトロポイントが貯まる仕組みです。
貯まったポイントは、電子マネー「PASMO」にチャージすることもできます。
To Me CARDとは、東京メトロが発行するクレジットカードのことです。 メトロポイントは、東京メトロが提供するサービスで、乗車するごとにポイントが貯まります。
メトロポイントPlusや To Me CARDの利用に応じてポイントが貯まる仕組みです。 PASMOには1ポイントを1円分としてチャージが可能で、現在10ポイントからチャージが可能です。
To Me CARDには、色々な特典があります。

PASMOのオートチャージサービスというものがあり、改札機での入場時にPASMOへ自動的にチャージするサービスです。
PASMOの残金がオートチャージ実行判定金額(1,000円〜10,000円)以下になったときに改札から入場すると、
利用者の設定したオートチャージ実行金額(1,000円〜10,000円)が自動的にチャージされます。
これは大変便利ですね。 いちいち切符売り場でチャージをしなくても、改札を通るだけでチャージされるのですから。
メトロポイントは様々な形でチャージすることが可能です。
PASMOにチャージしたり、ANAまいるにチャージしたり、楽天スーパーポイントへ移行したり、nanacoポイントへ移行したりできます。これは大変お得ですね。
To Me CARD会員専用のインターネットポイントモール「メトロポイントモール」は、NTTのサイトを経由して、
To Me CARD会員が他社ECサイト(雑誌、書籍、ファッション、グルメなど)への商品購入や、他社が提供する各種サービス(資料請求、保険見積もり、口座開設、クーポンサービスなど)への申し込みなどで、メトロポイントが貯まるインターネットポイントモールです。 貯まったメトロポイントは、PASMOへのチャージ等で利用が可能です。
そもそもポイントモールとは、オンラインショッピング時に、特定のWEBサイトを経由することで、ポイントを更に獲得できる場合があります。
そのサイトは「ポイントモール」と呼ばれ、オンラインショッピングの前にポイントモールにアクセスし、そこから商品の購入や資料請求をするだけで、ポイントモールのポイントが貯まり、ショッピングサイトのポイントも同時に貯めることができます。 更にショッピングサイトでクレジットカード決済すると、クレジットカードのポイントも貯まるため、上記した3つのポイントを同時に貯めることができます。 例えば、メトロが提携しているポイントUPモールでAmazonを検索し、ショップサイトへのボタンを押します。
次にAmazonで商品を購入します。 最後にANA VISAカードで支払いをします。
この場合、Amazonでの商品購入でポイントモール経由のワールドプレゼントが貯まり、ANA VISAカードでの支払い時に、Amazonポイントが貯まり、ワールドプレゼントが貯まります。
メトロのポイントモールの利用できるショップも沢山あります。
・ハウジングバザール(住宅工務店情報サイト)一括資料請求
・ASICS ONLINE STORE
・価格.COM自動車保険
・楽天トラベル(ANA楽パック)
・トイザらス・ベビーザらス
・ポンパレモール
・ネットオフ宅配買取「携帯買取コース」
・GUオンラインショップ
・eBookJapan
・ワタシプラス資生堂(通常購入)
・GOLDWIN WEB STORE
・イオンネットスーパー
・JTB(国内宿泊)
・ヤフオク!(出品)
・ANAショッピングastyle

東京メトロ発行のクレジットカードサービスなので、普段東京メトロをよく利用している方なら、持っていても損はないクレジットカードです。
とくにPASMO機能が便利です。
ついうっかりPASMOにチャージし忘れて、自動改札を通ろうとして「しまった!」というようなことはありがちです。
そんな時に、このカードを持っていれば、改札を通るときに自動チャージされるので、PASMOもチャージ残金をいちいち気にすることはありません。
さらにポイントモールでポイントを使えるので、上記に挙げたショップなどでポイントで買い物をすることができます。
上記に記したショップのほかにも、新着ショップとして、オズモール OZmall(ネイルサロン)やぱーそなるたのめーる(大塚商会)、北国からの贈り物、Pitali(ピタリ)などがあります。
Pitali(ピタリ)では、健康チェックを通して、あなたのライフスタイルや悩みにピタリとマッチしたサプリメントを提案しています。
東京メトロを使い、そのポイントで色々なショップで買い物を楽しむ。更にマイルも溜まり、お得です!
カード自体にもメトロポイントPLUSというものがあり、ランクが分かれています。
ゴールドカード・Primeカード・ソラチナカード・一般カード。
多くの方々は一般カードでことは足りると思います。ステイタスを楽しみたい方はゴールドカードを持つのもありかと思います。ちなみにゴールドカードの場合は、
1乗車につき20ポイントが平日利用でつきます。土曜日・休日はポイント2倍なので、平日にゲットしたポイントと×して、土曜・休日で40ポイントがゲットできます。
現在、PASMO利用者は私も含め、年々増えてきているのはご周知の通りです。東京メトロの地下鉄を乗車するたびに、ポイントが貯まり嬉しくなるカード、みなさんも一枚試しに作ってみてはいかがでしょうか。


他のANAカードも比較してみよう

いかがでしたか? 一口に「ANAカード」と言っても、これだけのカードがあり、それぞれに特徴のある特典があるのですね。 飛行機をよく使う方は、特にANAをよく使う方は、カードを発行することを意識してもいいのではないでしょうか? 是非ご検討ください。

>>その他のANAカードも比較する<<

クレジットカード検索


国際ブランド
VISA
MasterCard
JCB
ダイナースクラブ
アメリカン・エキスプレス
年会費
年会費無料
初年度無料
家族カード無料
カードの種類
ゴールドカード
ヤングゴールド
プラチナカード
学生向け
主婦・女性向け
29才以下限定
ポイント・キャッシュバック
キャッシュバック対応
ANAマイル
JALマイル
デルタスカイマイル
ユナイテッド航空
楽天ポイント
保険・補償
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
オンライン・プロテクション
電子マネー
iD
Edy
QUICPay
SUICA
PASMO
特徴
ポイント付与率が高い
即日発行・スピード発行
利用限度額が高い
ドライバーズカード
ロードサービスつき
ETCカード
ガソリン割引つき
マイルが貯まりやすい
空港ラウンジ無料使用可
携帯料金がお得
DVD・CDレンタルでお得
ショッピングでお得
通販・インターネットでお得
公共料金支払いでお得
ICチップ搭載
リボ払いでお得
プライオリティ・パス対応
キャンペーン中
ラウンジ使用可能空港
成田空港
羽田空港
関西空港
中部国際空港
新千歳空港
仙台空港
伊丹空港
神戸空港
岡山空港
広島空港
北九州空港
福岡空港
那覇空港
ハワイホノルル空港
韓国仁川空港
カード名検索

国際ブランド別比較

カード会社別比較

クレジットカード比較大辞典限定 インタビュー特集

  • 三井住友カード 安心・信頼の秘訣

    三井住友カード株式会社 個人営業部 角谷部長

    日本のカード会社で初めてVISAカードを発行した歴史ある三井住友カード。 その歴史に裏付けされた「安心と信頼」。その秘訣を独占インタビュー。

  • 三井住友カード 我が社のカード自慢

    三井住友カード株式会社 個人営業部 永井可奈子様

    日本最大級のクレジットカード会社として長年業界をリードしてきた三井住友カード。 その最前線で活躍する社員の方に「我が社のカード自慢」をして頂きました。

  • 株式会社ジェーシービー 我が社のカード自慢

    株式会社ジェーシービー リテール営業部 畠山重太様

    日本発唯一の国際ブランドのJCB。そのブランド力と認知度は業界でも随一。 今回は、一般的に知られている情報とは違う、JCBカードの隠れた実力について自慢して頂きました。

クレジットカード比較大辞典特集

  • 条件付き年会費無料カード

    あまり知られていない「条件付きで年会費が無料になるカード」 通常の年会費無料カードと比較してもワンランク上のカードが 年1回以上の利用等で無料で使える!そんなお得なカードの一覧を特集しました。

  • ショッピングでお得ライフスタイル別買い物系クレカ

    クレジットカードの利用方法として最も使うのが「ショッピング」 通販、デパート、コンビニ、スーパー等の利用シーン別にクレジットカード比較大辞典が選んだおすすめのカード!

  • ドライバー向けクレジットカード

    通勤、通学、お仕事等の利用シーンで問題になる「ガソリン代」 クレジットカードを利用することで、お得にガソリンの給油ができます。給油量別にドライバーカードを比較。

  • クレジットカードヒストリー取得レポート

    クレジットカードを作るにあたって最初の関門「審査」 個人信用情報機関が発行している審査の基準となるクレジットカードヒストリーを実際に取得してみました。 あなたの個人信用情報は優秀?

  • 今が貯め時!マイルの賢い貯め方特集!

    旅行好きの方に朗報!航空会社提携カードを使って賢く効率的にマイルを貯める秘訣を教えます。 各航空会社は今、マイレージのプログラムを強化中のため、お得なキャンペーンも目白押し!

  • ANAカード全国主要空港対応ラウンジ

    注目のANAカードで使える全国主要空港ラウンジが利用できるANAカードが一目でわかる比較表!

  • ボーナスポイント比較表

    ANAカードの入会特典が充実している今!入会&利用&搭乗でガンガンたまるマイル&ポイント。どのカードが一番お得?

  • ラウンジ対応検索

    手持ちのクレジットカードを賢く活用!無料で使えるラウンジ一覧!

マイルが貯まる
クレジットカード
注目キャンペーン
  • 当サイトが一番お得
  • 楽天カード
  • 楽天カード
  • もれなく最大5,000ポイントプレゼント!2017年10月31日まで
    残り 
  • 特典付きお申し込み

注目カード

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ

新規ご入会とご利用条件クリアで今なら最大11,000円分の特典をプレゼント!

2018年3月31日まで

特典付きお申し込み

高額マイルの限定特典付

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ご入会とご利用で今なら最大30,000マイル相当高額マイルプレゼント!

2017年10月31日まで

特典付きお申し込み

当サイトだけの申込限定!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード


ご入会と3ヶ月間のご利用で合計30,000マイルをプレゼント!+上級会員資格「ゴールドメダリオン」

2018年1月31日まで

特典付きお申し込み

当サイトだけの申込限定!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

ご入会で3,000ポイント獲得可能

キャンペーン継続中!

特典付きお申し込み

当サイトだけの申込限定!

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

期間限定!もれなく最大47,500マイル相当プレゼント!


2018年4月30日まで

特典付きお申し込み

×